美容師免許の国家資格について

美容師になるためには、厚生労働大臣の認可を受けた専門学校に通い、卒業した後に国家試験を受ける事になります。
国家試験は春と秋の年に2回実施されています。ではもう少し具体的に国家試験について紹介します。

美容師免許の国家試験について

基本的に専門学校卒業予定の学生が、2月初旬に実地試験を受けて、3月初旬に学科試験を受けます。
そして無事試験に合格すれば、春から美容師として働くという流れになります。
そのため美容師を目指すのであれば、2回生の時期は、美容師免許の試験勉強と平行して、就職活動を行わなければいけないため、非常に
忙しいと言えるでしょう。シャンプーなどの練習を実施で行う事が出来るため、1年次から美容院でアシスタントのアルバイトをし、そのまま卒業、美容師免許に合格出来れば、美容師として採用してもらうなど話をつけておくといいかもしれません。
ちなみに不合格だった場合は、半年後の秋に再度、国家試験の合格を目指します。

美容師免許の難易度について

美容師免許は、実地試験と筆記試験の両方に合格しなければ合格とはなりません。
筆記試験は全教科で100万点のうち60満点以上で合格となります。
ちなみに合格率は、受験する年によって多少異なりますが80%前後と言われています。

筆記試験が範囲が広いので覚えるのが大変ですが、授業を真面目に受け、過去問を何回も解いておけば合格する事が出来ます。
また実地試験も事前に試験内容が発表され、専門学校では受験対策用の技術指導を行っているので、キチンと指導を受けていれば、1度で合格できるでしょう。
国家資格の中では、美容師は合格率は高くなっています。

ただし美容師免許を取得しても、すぐに一人前の美容師になれる訳ではありません。
仕事の後にカットの練習をしたり、休みの日に講習を受けに行くなど、日々勉強し、技術を身に着け一人前の美容師を目指していきます。

美容専門学校の種類

将来、美容師になりたいと思ったら美容師免許を取得する必用があります。
そして美容師免許は国家試験なので、美容師の専門学校を卒業しなければ受験する事が出来ません。
そのため高校卒業後に、美容師の専門学校に通い、知識と技術を身に付けながら美容師免許を目指す事になります。

美容師専門学校について

美容師専門学校を選び際に注意をしなければいけない事は、必ず厚生労働大臣の認可を受けた指定校であるという点です。
様々な専門学校が存在し、その中にはヘアメイクスクールやビューティカレッジなど減らすタイルや美容の事を学べても、認可を受けていない専門学校も存在し、認可を受けていない専門学校を卒業しても受験資格が得られません。

また専門学校は大きく分類すると3つのタイプが存在します。
1つは昼間い授業を行い、2年間学ぶ「昼間課程」です。
ですが昼間は社会人として働き、転職で美容師を目指している人もいるかもしれません。
その場合は「夜間課程」で夕方から夜に授業を行い、就学年数は2年〜2.5年と学校によって異なります。

そして美容院でアシスタントとして働きながら、美容師免許の取得を目指すという人もいるでしょう。
その場合は「通信課程」がオススメです。
通信課程の場合は、すでに美容院で働いている人は300時間以上、美容院では働いていない人だと600時間以上と時間数が異なるので注意が必要です。
また通信課程の場合は、就学年数は3年間かかり、レポート提出と面接授業が行われます。

必修科目と選択必修科目の内訳について

美容師の専門学校では最低時間数は2000時間となっていて、必修科目に1400時間、選択必修科目に600時間授業時間が組まれています。
必修科目には、関係法規・制度、衛生管理、美容保健、美容の物理・化学、美容文化論、美容運営管理、美容技術理論、美容実習となっていて、それぞれ規定の時間数で授業が行われていきます。