美容師になりたいと夢見ていても、自分には美容師の適性があるんだろうか?
自分は手先が器用は方ではないけれど、美容師にはなれる?
そんなふうに悩んでしまう人もいるかもしれません。
では美容師にはどんな人が向いているのか、紹介していきます。

美容師に向いている人

手先が器用な人の方が、技術を習得するスピードは速いかもしれません。
ですが手先の器用さよりも、もっと美容師に必要な事があります。
それは、探求心を持ってコツコツと努力する事が出来るかどうかという点です。

ヘアスタイルの流行はすぐに変化し、新しいカットが登場します。
もちろん基礎的な技術力は専門学校で学びますが、卒業してからも日々新しい技術を習得するために勉強の毎日が続きます。
そのため新しい技術を習得するのが楽しい、努力をし続ける事が苦にならないという人の方が、手先が器用な人よりも美容師の適性があると言えるでしょう。
器用ではないと思うのであれば、とにかく人よりもたくさん練習する事でカバー出来るはずです。

コミュニケーション能力がある人

そして美容師に向いている人とは、コミュニケーション能力が高い人です。
どんな髪型にしたいのか、ヘアカットの前にカウンセリングを行いますが、お客様が信頼し心を許してくれている方が、イメージに近いヘアスタイルになるはずです。

いくら技術力が高くても、お客様がどんなヘアスタイルを望んでいるのか、上手に会話の中から聞き出す事が出来なければ、お客様に満足をしてもらう事は出来ません。
気遣いやコミュニケーションが求められる仕事なので、人と接する事が好きだという人の方が適性があります。

そして特にアシスタント時代は、給与は安く労働時間は長く、決して働きやすい環境とは言えません。
そのため多くの人が美容師を夢見て美容院で働き出しても、アシスタント時代に辞めてしまいます。
ですが、お客様のヘアスタイルを担当して初めて美容師のやりがいは感じられると言えるでしょう。
なので苦労の連続の中でも、一人前の美容師になるという強い思いがあり頑張れる事が1番大切な事なのかもしれません。

関連する記事